OBA

Born 1st April 1986 in Koshigoe, Kamakura. Studied for 2 years in The New York Broadway Dance Center. During this time he met with Pop Dance pioneer Jazzy J and began learning the ropes. Eventually accepted as a team member, he would perform in the Apollo Theater.

First taking top spot in national competitions like Tokyo Dance Delight, and Geneva Unique Battle, he would go on to do the same in various dance battles across the globe.

Not only through the lightning quick air-slicing moves rooted in his Pop-dance background, OBA’s high regard also stems from his unpredictable style that refuses to accept any one genre label pinned on it.

2010 Australia saw the start of his world journey, supported by funds raised through performing on the streets. Upon returning to Japan, OBA now seeks further beyond the current confinements of street dance relying on own unique expression. Recent days see him collaborating and receiving high regard with artists Nobuko Takahara, Yasushi Shoji, and Kenta Shibasaki.

2014, in August, Vietnam had known him as a judge of a dance battle in Hanoi, who was a representative of Japan. OBA, then appeared in TV show and had dance workshop here, Japan and there, in foreign countries.

Hosted KAMAKURA DANCE FESTIVAL which is held in Engakuji Temple Butsunichian-heritage during Autumn 2014, and also performed solo dance show, “Soul Fire – A high flame man can be alive only with leaping flames -“, which ended great success.

Career

Dance Competition & Battle

2004&05 KING OF NY 2on2 Dance Battle (USA) Winner
2006 FunkStyleConference1on1 Dance Battle (USA) Winner
2008 Beatronick 1on1 Dance Battle (JP) Winner
2008 Tokyo Dance Delight (JP) Winner
2008&09 JapanDanceDelight Vol.15&16 Finalist
2010 Geneva Unique 1on1 Dance Battle (Swiss) Overall Winner
2015  JapanDanceDelight Vol.22 Finalist
2015 Crazy Robots 4on4 DanceBattle(China) Winner
2016 NYC Popping Dance Contest  SecondPlace
2016 WDC KANTO 2on2 Popping Battle Winner
2016 JapanDanceDelight Vol.23 Finalist

Stage

2006 Performed in Apollo Theater as a member of Rhythmatic Funk Movement, which is a dance group Jazzy J led.
2008 Had a show in Rock Festival Going KOBE, as a guest performers, Mirai Moriyama × S.E.P.
2013 Collaborating with Nobuko Takahara in [An earthly paradise] at Kiba earth+Gallery
2013 Produced and performed a impromptu performance group, KAMIHITOE, with Beat Boxer TATSUYA
2014 Co-production and performance in [Pieta] with Kenta Shibasaki who wrote and directed the show
2014 [Kyoen (Sympathetic chance) –improvised performance-]Co-production with Shoji Yasushi and KUMA
2014 Released [natural phenomenon]as a selected work in an international projection mapping competition, Media Artz Zushi
2014 Solo performed [Soul Fire-Leaping flames to your soul-] in KAMAKURA DANCE FESTIVAL2014
2015 Sound Horizon 9th Story Concert 『Nein』
2016 New National Theatre Tokyo「Hybrid – Rhythm&Dance」

Media

2014 Appeared in MV of Kazuya Yoshii『Yoshii Funk Jr.~Kore ga Genten (This is the Origin)!!~』
2014 Performed in CM of Samsung GALAXY Note Edge
2015

YOJI BIOMEHANIKA with MC STRETCH / The Place For Freedom (Samurai)

2016

WEDNESDAY CAMPANELLA ×shu uemura「COLORHOLIC」collaborationMV (UMPIRE)

Other

2006~09 Established NPO group named ”Kyoyu-Kukan” which visits welfare facilities and has dance workshops/dance shows
2006~09 Hosted the welfare events, “Hito=Bito(Human=Human)” at Club Citta
2013 Made Kyoyu-Kukan an incorporated NPO, and OBA was installed as the representative
2014 Visited Hanoi in Vietnam as the judge from Japan for a dance battle[Wonder Funk]
2014 Hosted KAMAKURA DANCE FESTIVAL2014
2014 Collaboration work with photographer Saori Ozaki, “Shiosai”, is exhibited in Fruits Exhibition in Bologna, which is one of the biggest art event in Italy

Spec

Height/Weight/B/W/H/Foot
180cm / 62kg  / 86cm / 71cm / 87cm / 27~28cm

OBA  /  小畑 大左衛門

 

鎌倉市腰越1986年4月1日生まれ。

ジャズドラマーOBAを父としアーティスト麻仁を母とする小畑家三兄弟の次男。

幼少期、腰越海岸と広町の森を遊び場とし自然に没入して遊びきった結果、自然児と化す。言葉を不必要となるほどまでに自然児化した結果、言語障害と判断され児童障がい者施設あおぞら園へ入園。無事、言語というコミュニケーション能力を得るが「言語では共有しえない感覚•心境領域」にもどかしさを感じ続ける。

手広中学校在学時、家族の影響でダンスと出逢う。言語を必要としないダンス-身体表現との出逢いは運命的ブレイクスルーとはなるもののスタジオジブリ映画「魔女の宅急便」での「グーチョキパン店」にて繰り広げられる美しい人生安泰生活に憧れを抱き、高校進路は東京都小平市 国際製菓専門学校高等課程へと進む。鎌倉から小平までの片道2時間通学ライフの中、立川ストリートダンスシーンと出逢う。それを機に趣味であったダンスに熱が入る。厨房でパンを釜まで運ぶ際にムーンウォークをする等で担任に激怒され「お前はパンとダンス、どっちが狂えるのだ?!」という熱い問いかけに対し「狂えるのはダンスであります。」と答えた結果、ドイツにあるホテルへの就職進路希望からニューヨークダンス留学進路へと急遽変更。

高校卒業後、ニューヨークへと渡りBroadwayDanceCenterNY入学。留学時、マイケルジャクソンのキャプテンEOにも出演していた世界的レジェンドダンサー「Jazzy J」と運命的な出会いをする。2年半Jazzy Jのコバンザメとなる。当時まだ人種差別が激しく黒人が生み出したストリートダンスを学びに行ったにも関わらず、ある黒人から黄色人種差別を強く受けたことを機にダンスバトルで黒人を負かすことだけをイメージしながらダンス修行に励む。数々の米国ダンスバトルに出場、優勝を果しサムライダンサーとして米国ダンスバトルシーンに名が通る。

帰国後の日本はダンスバトル全盛期であったこともあり数々のバトル•コンテストに出場し優勝を果す。同時に施設出身であることを切っ掛けに障がい者施設を中心に福祉施設でダンスパフォーマンス•アートワークショプをおこなう任意団体「共有空間」を立ち上げ、全国100カ所以上の福祉施設へと活動を広げる。当時、東京新聞にも活動が取り上げられ2006年~08年に川崎クラブチッタにて1000人規模の福祉イベント「人=人(ヒトビト)」を主催する。出演者には「Calm」「朝崎郁恵」等とし、観客は福祉施設の利用者を主としたイベントとなり前衛的な試みとして大いに盛り上がりを魅せた。

施設でのパフォーマンスは、ボランティア活動という以上に藝術的な学びの方が大きくバトルダンサーとして活動していた身として、そもそも「藝術に点数はつけられるのか?」という根本的な問いが生まれる。「ダンスは競技スポーツとは違う。なぜならダンスは全ての人がもつ身体による藝術表現である。子供の絵に点数がつけられないように藝術には本来、点数などつけられるはずがない。」という根本的意識変革は、それまでバトルダンサーとして生きていた人生に終止符を打つことになる。その後、本質的なストリートを体験すべくオーストラリア メルボルンへとバスキング(ストリートパフォーマンス)の旅にでる。

バスキングで集めた資金を元に、インド•ネパールへと旅をし「踊りとは人生であり、人生を踊るように生きることこそが本質的ダンサーである。」という確信を得る。また、「ダンスとは作者と作品が同一である唯一の藝術表現である。」という笠井叡氏著書の言葉により「踊りとは身体そのものが作品であるが故に、身体をかこむ全ての環境に完全依存する藝術表現である。」ことを確信する。

故に、全環境すなわち「スペース」に興味を持ち帰国後ダンスの世界を離れ建築の世界へと飛び込む。ホームビルダー「 SOKEN HOME 」で働きつつ早稲田大学 藝術学校へと入学、二級建築士資格取得をしたものの個人的大変革が2013年に起きダンス業界へと舞い戻ることになる。

2013年、鎌倉市長谷にある数十年空き屋であった和洋折衷古民家をスタジオとして改装。クリエイティブスタジオ「SeeSaw」として設立する。同年、任意団体「共有空間」をNPO法人化する。

2014年、鎌倉では初となるダンスフェス「KAMAKURA DANCE FESTIVAL」を円覚寺 佛日庵にて主催する。

その後も東京をダンス活動の拠点とし、2016年3月 新国立劇場主催平山素子振付「Hybrid – Rhythm&Dance」に出演。新国立劇場主催のダンス公演にてストリートダンサーが出演することは初となる。

都内での活動を通し、雑踏に揉まれながら踊る環境に疑問を持ちつつ「Hybrid – Rhythm&Dance」スペインバスクツアーを機に「クリエイティブは環境に依存する。」という確信を得る。結果「より良い環境でクリエイティブと向き合うことが、より良いクリエイティブに繋がる。」ことは間違い無しと考える。

2016年、鎌倉クリエイティブスタジオ「SeeSaw」を「NPO法人 共有空間」による運営とし本格始動。主に企業のオフミーティングやクリエイティブミーティング、個人のワークショップやイベント等のニーズに向けたレンタルスペース業すなわちシェアビジネスを開始。古民家という「‘場’ / スペース」があることにより成立する、シェアビジネスという営利活動により算出される利益をそのまま自身の非営利活動へと寄付する。この循環システム「自活循環式自立型非営利法人活動システム」を構築することを目指し活動展開をする。

 

近況は、2017年3月28日から4月24日までの28日間をかけて鎌倉市「SeeSaw」から島根県「出雲大社」までの移動距離767kmを、大宮大奨と共に一本歯(一本下駄)と地下足袋兼用による「徒歩」 にて成就する。国道1号線と9号線を主とした徒歩の旅路にて、日本の諸問題の一つである「空き家問題から発す廃村化問題」を身体全体で痛感する。地方では少子高齢化の波が怒濤のように「空き家の廃墟化」として露となっている。この実体験を元に改めて「空き家」をスタジオとして改装し「シェアビジネス」を通して出来る限りの氣(資金含めたエネルギー)を通し、「藝術」という非営利活動で、より多くの人々へと開かれた「共有空間」とすることによる『空き家問題への解決策』の一手を「SeeSaw」が担っていることを確信。

また2017年10月、母校手広中学校全生徒に向けた教育講演会の講師として呼ばれ大盛況のうちに終演。「表現を身につける意味 -表現の多様性-」を主なテーマとしダンス実演も含め「自分の初期衝動(ワクワク)を信じる」ことを共有目的とし講演をおこなった。

以上の活動と同時に、進撃の巨人アニメ•映画主題歌を担当したLinkedHorizonによる「進撃の軌跡ライブツアー 2017」にツアーダンサーとして出演。

また近年上映予定の主演映画「BAKEMONO」は、2017年11月時点でヨーロピアン映画祭•ロシア映画祭•ワールドプレミアフィルムアワード2017•インターナショナルフィルムフェスティバル2017•オタワワールドプレミア•アイオワインディペンデント映画祭•ブリュースター映画祭•オープンマインドトロント映画祭の世界6カ国17部門で受賞。オープンマインドトロント映画祭ではグランプリ受賞を果す。

 

主な予定は、

• 2017年12月23日 高原伸子作「Requiem~序章~」ダンサー出演。

モーツアルトの名作「Requiem」をもってダンス作品を生み出す大いなる挑戦の序章が木場earth+Galleryにて上演。

• 2018年1月13日/14日 横浜アリーナ LinkedHorizon「進撃の軌跡ツアー凱旋公演」ダンサー出演。

ダンサーとしての一つの生き方ならびに仕事たるOneStageOneLifeを体現する。

• 2018年4月28日/29日 滋賀県 野々宮神社 舞殿にて舞踊作品奉納公演が正式決定。

近年、ダンサーとしての大きな目標であった「舞殿での舞奉納」が実現。奉納舞踊作品の題は「朝霧ノ稲荷」に決定。

•「ダンシング落語」含めた講演活動を展開予定。

通例の講演活動と合わせて新たなる講演手法の試みに挑戦する。年齢を問わず子供達やご年配の方々にも伝わる表現手法としての「落語」形式をダンスに掛け合わせた「ダンシング落語」を創造し展開する。

•「解体ダンサー ~マジなB-Boy(Break Boy)~」の活動を展開予定。

建築業界での実務体験を生きたダンサーであるからこその可能性。音開き•舞開きならぬ具体的な風通し解体儀式として「ダンサーが片手バーベル一つ」で廃墟に乗り込み、解体の一撃を放ち氣巡りをおこす。その姿そのものが「現代コンセプチュアルパフォーマンスアート」となり、主に廃墟問題に悩む地方への活動展開を目指す。

 

以上、「一日一生、初期衝動をもって、一歩一歩を大切に、心は不動であれ。」と「全てにおき感謝」を六根(むね)に歩みを進める。

 

目標は、神主ダンサーになること。

 

 

Career

Dance Competition & Battle

2004&05 KING OF NY 2on2 DanceBattle(USA) 優勝
2006 FunkStyleConference1on1 DanceBattle(USA) 優勝
2008 Beatronick 1on1 DanceBattle 優勝
2008 TokyoDanceDelight 優勝
2008&09 JapanDanceDelight Vol.15&16 ファイナリスト
2010 GuneveUnique 1on1 DanceBattle(swiss)ジャンル 総合優勝
2015

JapanDanceDelight Vol.22 ファイナリスト

2015

Crazy Robots 4on4 DanceBattle(China) 優勝 

2016

NYC Popping Dance Contest (USA) 準優勝

2016

WDC KANTO 2on2 Popping Battle 優勝

2016

JapanDanceDelight Vol.23 ファイナリスト

Stage

2006 JazzyJのダンスグループ RhythmaticFunkMovementのメンバーとして認められApollo theaterに出演
2013 舞踊家 高原 伸子との共同作品[地上の楽園]を発表
2014 芝崎 健太 作 演出[Pieta] 共同制作・出演
2014 舞踊家 東海林 靖志・KUMAとの共同作品[響縁 -即興の宴-]を発表
2014 プロジェクションマッピング国際コンペ MediaArtzZushiに招待作品[natural phenomenon]を発表
2014 KAMAKURA DANCE FESTIVAL2014 ソロ作品[SoulFire~貴方の魂に飛び火する~]を発表
2015   Sound Horizon 9th Story Concert 『Nein』 ~西洋骨董屋根裏堂へようこそ~ 出演。
2016 新国立劇場主催 「Hybrid – Rhythm & Dance 」 出演。
2016 新国立劇場主催 「Hybrid – Rhythm & Dance 」スペイン バスクツアー 出演。
2017   進撃の巨人  Linked Horizon 「 進撃の軌跡 」ライブツアー 出演。

Media

2014 吉井和哉『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』MV 出演
2014 Samsung GALAXY Note Edge CM 出演
 2015 YOJI BIOMEHANIKA with MC STRETCH / The Place For Freedom (侍役)
2016 水曜日のカンパネラ×shu uemura「COLORHOLIC」コラボレーション映像 (審判役)
2017 日本短編映画「BAKEMONO」主演

Other

2006~08 福祉施設に訪問しダンスワークショップ・ダンスショーを行う団体 共有空間を立ち上げる
2006~08 Club Citta にて福祉イベント 人=人を主催
2013 鎌倉市由比ケ浜 CreativeStudio 「SeeSaw」を設立。
2013 共有空間をNPO法人化し、代表理事に就任
2014 KAMAKURA DANCE FESTIVAL2014を主催
2014 イタリアボロー二ヤにて開催されたイタリア最大級アートイベントFruitExhibitionに写真家Saori Ozakiとの合作「Shiosai」が展示される
2015  シルク・ドゥ・ソレイユ に ダンサー登録される
2016

鎌倉市主催 「 KAMAKURA ART  SESSION 」 を企画・出演。

2017

鎌倉市から島根県 出雲大社までの移動距離767kmを大宮大奨と共に「徒歩」 にて成就する。

Spec

Height/Weight/B/W/H/Foot
180cm / 60kg  / 86cm / 71cm / 87cm / 27~28cm

 

Sponsor

S/STERE

http://www.sistere.jp/

Lotus Heart

http://lotusheart.jp/